お給料から見る風俗店の質

rieki

お給料から見る風俗店の質

2018年1月3日 山口求人情報,山口痴女革命,県外から山口へ出稼ぎをお考えの方

今風俗で働いている方、もしくは風俗で働こうとお考えの方。
皆さんは風俗店の求人情報の中で何を一番に見ていますか?
もちろん人によって重視する点は違いますが、ほぼすべての方が意識するところは「お給料」ではないでしょうか。
もちろんお給料は働き手にとって最重要の項目ですが、今回は少し違った視点から風俗店を見ていこうと思います。

 

・お給料と表裏一体の「店落ち」

店落ちとは、要するにお店の利益のことです。
店落ちの計算は客単価-お給料=店落ちと至って簡単に算出出来ます。
一見女性には関係のないところに見えそうですが、実は案外関係してくる要素なのです。
あまりにも店落ちが低い風俗店舗では、さまざまな弊害が伴う場合があるのです。

 

・店落ちが低い風俗店舗の弊害とは?

店落ちが低いということは、単純に考えて儲けが出にくいお店ということです。
その店舗のオーナーがボランティアで運営しているのでしたら大丈夫なのでしょうが、そんな奇特な人はまずいないでしょう。
となると、その少ない儲けからオーナーが利益を出さないといけないということになります。
しかし、店落ちが低いが故に大した利益が見込めない場合があります。
そんな時は、その利益を確保するために店舗の運営に必ず必要な経費以外はどんどん削減されていきます。
例えば・・・
狭い部屋での集団待機(家賃節約)
クーラーや暖房などの快適設備の制限
女の子やスタッフの給料カット
これは一例で、ひどいところでは家賃節約で皆ワンボックスの車待機というとても考えられない店舗も存在しています。
このように、儲けが無い故にさまざま弊害が出てくるのです。

 

・激安店は特に要注意

儲からない風俗店舗のよく見られる特徴として「激安店」が挙げられます。
激安店は客単価が非常に安いため、儲けを出すならスタンダート店の2倍3倍と回転効率を高めるしかありません。
しかし、1人の女の子が同時に複数のお客様を相手にすることが出来ませんので回転効率を重視するには風俗業はかなり不利なのです。
しかも、特にデリヘルに当てはまりますが回転効率を高めますと余計にドライバーなどの人件費がかさみますのでさらに利益が出にくくなります。
このような理由から激安店は高確率で待遇や環境が劣悪になるということです。

 

・店落ちが高いと女の子も得

逆に店落ちが高いお店だと、お店の資金に余裕がありますのでさまざまなところでメリットがあります。
例えば広告費や宣伝費なども捻出しやすいので結果仕事につきやすくなったり、給料以外にボーナスや保証が充実していたり、お店自体の環境にもお金を使えますので快適に過ごすことも出来ます。

 

お店が潤うということは、結果的に女の子も潤うということなのです。
このように違った目線からお店を見てみると、普段は気が付かなかった点が見えてくるかもしれませんよ。

 

■給料:最低60分8000円~ 初日から60分12000円も可能

TEL:080-6300-1547

LINE:final.group8008

MAIL:chijokakumei@ezweb.ne.jp

店名:痴女革命山口店

オフィシャル:http://chijo.org/

痴女革命山口店求人サイトはこちら:http://chijo-recruit.com/chijo/

Share it:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です